コロナ禍が何となく収まっても飲食系の配送は元に戻っていない現実

スポンサーリンク

YouTubeの動画で軽配送の毎日を配信しているドライバーが多いですが、私のように定期ルート配送を行い動画を撮っている人が少ないので更新しておきます。

はっきり言って・・・。
YouTubeを観ているドライバーも…
ブログを読んでいるドライバーも…

あまりいませんw
これから開業しようとしている人や転職の一つとして考えている人の情報として見聞きする人がほとんどだと感じます。

思った程、稼ぐドライバーは暇ではありませんw
それに、ブログから情報を収集しようとする考えを持つ人も少ない気がします。

それよりも・・・
ギャンブルとか車の装飾、といった仕事以外の情報を求めている人が多いような気がしますw

ですが、今回は定期ルートのドライバーとして生の情報を書いておこうと思った次第です。
それは・・・

スポンサーリンク

飲食店への定期配送便が復活していない現実

そう、コロナ禍以前の状態にまだまだ戻っていない事を伝えておきたくて書くことに致しました。

コロナ禍は、通販が増加して宅配、ネットスーパーが激増したと聞きます。
この傾向は、依然として継続中らしいです。(知人が大手配送の宅配をやっております)

しかし、飲食店へ配送する定期ルートは復活しておらず、ほぼ消滅してしまったのではないか?といった感じ。

例えば、朝の野菜を市場から運ぶ仕事も復活していない…。
市内にある居酒屋さんやレストランへ食材を運ぶ定期ルートもお呼びがないらしい。

コロナ禍以前は、朝の市場配送を終えて午後から飲食店へ配送するという定期ルート便は割と仕事がありました。
しかし、4月以降に無くなったその仕事が今も復活していないのが現実なのです。

自分がやっているというのもありますが、開業時は定期ルートの軽配送をお勧めだと思っています。
収入が安定している、毎日同じ場所へ配達する、終わる時間が一定なので副業を取り入れ易いというのが理由なのですが、その定期ルートの仕事が回復傾向にないというのが現実であり、開業時に割と効率の良い仕事が回ってくると言えないことをお伝えしたかったのです。

自動車部品の定期ルートもぼちぼちらしい

知人の自動車部品配送ドライバーの人に聞いたところ、仕事は毎日継続してあるらしい。
しかし、物量は回復していないという。

但し、定期ルートの良いところは、1日の報酬が決まっていることです。
10個運んでも100個運んでも1日の報酬は同額という仕事が多いです。(距離増し、残業代は別途ある所も多い)
ですから、荷物が少なければ少ないだけドライバーとしては身体が楽だし、嬉しい話ではあります。

でも、知人は何となく複雑な心境らしい。
っというのも、企業の効率化で仕事がいつなくなるか心配だと言うのです。

解ます、私も同じことを常日頃から考えて生きていますからw

結局、軽貨物運送って企業の経費削減策として使われることが多いですから。
荷量が減れば、自前の車両で運ぶ方が経費的に良いって場合もありますからね。
委託せずに営業マンが納品するって案もありえるわけで・・・。

そうそう、2~3日前に三菱自動車の早期退職希望者募集のニュースも流れていましたからね・・・。
自動車業界もコロナの影響をもろに受けている感じ・・・怖い世の中になってきましたね・・・。

医療系は忙しいです

私がまさに医療系の定期ルートをやっておりますw

コロナ関係のせいで色々と忙しいです。
今まで病院へ行くことを止めていた人たちが動きだしてきました。

ですから、運ぶ物も増えたし、緊急で届けなければいけない事も増加傾向にあります。
やっぱり、生活に必要な物や業界ってこういう時に強いって解りました。

コロナ禍でも医療系は自粛せずに動くことが必至だったし、この先も無くなることは無いでしょうし…。
これから開業する人は、生活必需の配送物を選ぶことが食いっぱぐれせず継続できるのだと肝に銘じて欲しいなって思います。

軽貨物運送開業の資料はマイナビが一番いい!

今や情報は何でもネットで手に入れられます。
軽貨物運送の元請会社の詮索もネットで簡単にできちゃいます。

但し、軽貨物の会社は星の数ほどあるので、1社1社調べていたら時間がもったいないです。

マイナビ独立なら1回で済みます。

だいたい20社近くの軽貨物運送が掲載されている感じです。
10年前は、資料を郵送で手に入れるのが当たり前で数日間のタイムラグがありました。

しかし、今は便利。
その日に資料が届き各社の比較が可能なんです。

これは、利用しない手はありません。

それに、副業の事も同時に考えられる…。
開業情報、フランチャイズ、代理店なんかの情報も豊富ですから、一度覗いてみてください。

私も定期的にチェックして頭に入れておくようにしています。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
新規参入への情報 軽貨物運送業
スポンサーリンク
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました