軽配送開業時・スタート時の宅配系は精神的につらいかも…Part2

新規参入への情報
スポンサーリンク

前回からの続きになります…。
向き不向きのある宅配系配送です、稼げる人は稼げますが、ストレスにより辞める方が多いのも宅配仕事なのです。
前回は、配達先探しについての内容でした、さて今回は、こんな感じです。

スポンサーリンク

荷物の増減が日々ある


慣れてくると前日に何となく翌日の荷量を予測できますが、ヘトヘトになって帰還する初期のころは、翌日の事なんか気にも留められません…。(見て見ぬふりをしたり…笑)

朝、出勤するとドカーんと荷物の山があり、くじけそうになります。
もちろん、その日の配達件数も増減しますし、水物の大物とかあると泣きたくなります。
タイヤとかも嫌だったな~…。

つまり、ドキドキしながら毎日、毎日出勤することにストレスを感じて辞めたくなる可能性があります。
引きこもりからの復帰でもストレスが多いと心配になっちゃいますよね…。
できたら、定期便、企業専属便が良いと伝えているのは、そういったわけなんです。

さて、次は…。

最初は、稼げない宅配系


まず、海の物とも山の物ともつかぬ開業当初のドライバーにたくさんの件数を渡しません。
それは、良い意味でも悪い意味でもです。

良い意味で、最初から多くの件数を渡しても捌ききれないと思われるからです。
1日50件でも最初はプレッシャーを感じるものです…。
薄暗くなった夕暮れ時に荷台に山のように荷物があると「やばい、終わるかな?」とプレッシャーがのしかかります。

ですから、優しさというか、捌けそうな荷量を様子見されてから本格稼働になるのです。

悪い意味では、効率の良い稼げるコースを新人に渡したらベテランドライバーは面白くなくへそを曲げちゃうからです。
効率の良いコースを効率の悪い地域ってあります。

そして、1個いくらで配達しているのですから、配達個数を伸ばすことが収入を上げるということになります。
うまく一筆書きのように配達コースを組めて、1停車で何個も落とせるコースがいいにきまっています。

つまり、数か月間は、思った程の個数を配達できず収入が悪いってことになるのです。
私の場合、90個積んで出発しましたが、19時になっても40個残っていて泣きたくなったことがあります。
不在で40個持ち帰ったこともあります…(当時不在は収入になりませんでした)

どうです? 50件っていっても最初はプレッシャーに感じますよ…。知らない場所に配達ですからね~

ネットスーパーの宅配もこれまたつらい


ちょっと大手宅配の仕事と違いますが、スーパーマーケットのネット通販の配達も宅配です。
スーパーマーケットで買い物したものを配達したり、通販サイトで注文したものを運んだりする仕事です。

私も色々と経験しましたのでよく知っています…。

例えば・・・

悪天候の日に配達件数が増える。
雪の日に爆発的に件数が増えてます、しかも送料無料にするためにミネラルウォーターのケース買いをまとめてやってくるので大変です。

「雨の日に大変ね~・・・」なんて言われますが、「あんたが頼んだんだろう?」と内心思っちゃいます(笑)

エレベーターのない住宅は、重たい荷物が多い!!
これって間違いありません、自分で運びたくないから配達を頼むのです…。

エレベーターなしの4階に2Lペットのケースを40箱運ばなければならない配達先があって、いつもビクビクして過ごしました。
腰も悪くするし、だったい日給制なので給与は上がらないので大抵イヤになってしまいます。

やっぱり定期ルート配送が社会復帰にはちょうどいい


いかがですか?宅配系の仕事…?
収入は、爆発的に増えませんが、毎月安定して入ってくる定期便、定期ルート便がいいと思いませんか?
毎朝同じ時間に出勤し、同じ件数を回って、同じ時間に帰還する・・・・。収入も変わらず、慣れた道を走る。

安定志向というか、社会に復帰したばかりの人には、ちょうどいいと思うのです。
なにより、面接とかも楽です。
雇用ではないので、学歴も関係ないし、職歴なんかも不問の企業が多いです。

そんな元請け企業をぜひ研究してみてください。
なるべく大手、有名な企業が良いと思います。

独立・開業・起業を助けるマイナビ独立にて軽配送元請け企業を探すことが可能です。

資料も無料でダウンロードできますから、在宅で情報収集も可能です。

ページの真ん中あたりに【キーワードから探す】という箇所があります。
そこに【配送】と入れて検索してみてください。

有名企業が10社ほど出てきます。
この中におすすめ企業もありますが、あえて記載するのは、やめておきます。

ぜひ、活用してみてくださいね。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
新規参入への情報
スポンサーリンク
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました