運転が好きで軽貨物運送を開業したわけでもないし、脱サラ意欲もさほどなかった

新規参入への情報
スポンサーリンク

このブログを始めたころは、40歳か41歳だったかと思う…
来月とうとう50歳となり、2011年に軽貨物を開業してから8年が過ぎ周りを見回してみるとベテランの域に達してきた。

思い返すと開業当初は、30万ギリギリの報酬しかもらえず「本当に大丈夫かな?養えるかな?」と不安なスタートだったと思う。
8年もやっていると【運転が好きだった】【脱サラリーマン志向だった】【独立心旺盛だった】と思われそうなものですが、意外にもそうではなかった…。

スポンサーリンク

最初の頃は、再就職先を探して面接を受けていた


あの頃を思い出すと自営業、個人事業主という形態への不安がものすごくあり検討に挙がることは無かった。

サラリーマン時代の経験を生かす転職先を探し、給与待遇なんかよりも就職できる企業に応募し藁をもつかむ心境だった。
ある企業の2時面接で言われた、ある言葉が大きくのしかかってきた

最初は、20歳代の人の下について動いてもらうかもしれない


今思うと当たり前と言えば当たり前、再就職についての思考が甘かったというか、ある程度の役職をつけてもらえるのだろうと思いながらの面接だっただけにショックは大きかった…。

若造からアゴで使われて、こき使われて・・・

んんん・・・

耐えられるか?

試用期間の給与は月給30万円から


そう、再就職の初任給は30万円、手取りにすると24万円程度なんです…。
賞与なんかも出来高というか、評価次第で決まるので未知数だと…。

年収にして360万円というあまりの低い提示に再就職の厳しさを思い知らされました…。
周りの元同僚や先輩なんかの話を聞いても同様な環境で「こんな思いをするなら、異業種の方が良かったよ…」とこぼす者までいた。

なにも今までの経験がお金に変わらないのならこだわる必要もないし、より収入を上げられる仕事を探すべきだとという想いへと変化していったのです…。

しかし、そうは言っても多くの者は同業、同職種への再就職に甘んじていった…。

そんな時に・・・

月収40万円可能!軽配送で独立だ!という広告を目にした


求人誌、求人サイトを毎日眺めてすごす日々を送っていた・・・。
「本当に再就職先が見つかるのだろうか?このままだと家族が飢え死にする…。」そんな不安な毎日を過ごしていた。

早期退職なので若干の退職金が何とか生活を支えていたのだけれど、あと2か月持つか持たないか?といったレベル。
そんな時に目にするのが「月収50万円可能!好きな時間に好きなだけ働ける」という求人が毎日毎日目について離れない。

「マジで軽配送ってどうなのだろう?」

ネット内を渡り歩き、色々と調べていくとロクな業界でないことが分かった…。
名古屋の方では事件にまでなっているではないか・・・

「まあ、うまい話には訳があるって・・・」そう思って受け流そうかな?と思っていた時に積荷オヤジさんのブログを見つけた。
必死に読んだ、最初から最後まで読みまくった・・・そして、何度か質問して軽配送の現状を教えてもらった。

長くなりそうなので、この辺にしておきますが、お伝えしたかった事は、脱サラ思考ではなかったということです。
自営業、個人事業主になりたくてなった訳ではないってことです…。

もうサラリーマンには戻りたくないです


個人事業主って不安定ってイメージがあると思いますが、サラリーマンだって身体を壊せば会社にいられなくなったり、仕事を失ったりと一緒だと思います…。

なにより、嫌な上司もいないし、会議もなければ飲み会だってありません…。
こんな環境を味わってしまうと窮屈なサラリーマン生活なんて誰が望むのでしょうか?

独立・開業・起業を助けるマイナビ独立というサイトをぜひご覧になってみてください。

軽配送以外のフランチャイズや代理店、業務委託といった脱サラリーマン案件が色々と出ています。
このブログへ来たのもきっと再就職や脱サラについての見解を探していての事でしょうでしょ?

本当に色々とありますよ!
私は、軽配送後にも色々と説明会や資料を請求しているので、気になる業種や疑問や不安点なんかがあれば聞いてくださってもかまいませんよ。(答えられる範囲でしか答えられませんけど)

ぜひマイナビ独立で色々と調べてみてくださいね。

そして、中年の再就職、仕事探しにて良い結果が出ます事を願っております。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
新規参入への情報軽貨物運送業
スポンサーリンク
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました