50歳目前になると将来を再検討する人が増えてくるのでしょうか?

新規参入への情報
スポンサーリンク

暑い日が続きますね…。

同じ現場で働くドライバーが2人倒れました。
一人のドライバーは女性、脳の血管から出血したとの事でしばらくの間休業という運びになりました、もうお一方は、57歳のベテランドライバー、日ごろから健康に気を付けていた感じの人で、まさか倒れるとは思えなかったのでショックでした。幸い2時間程、安静にしてたら動けるようになったということで次の日から復帰していました…。

この暑さは殺人級です…
油断しているとやられます…。

私は、過去の苦い経験から早め早めの水分補給と塩分、ミネラル補給を心がけているので、今のところは大丈夫です。
ただし、エアコンの効いた車内から出た瞬間なんかは、クラっとくるので本当に油断は禁物です。

さて、最近軽配送の相談というか感想というか様子を聞いてくる方が増えてきました。

スポンサーリンク

50歳前になると今の働き方に疑問を持つ人が多いのでは?

昔一緒に会社に勤めていたH君が「僕も自営で運送をやってみたいと考えていまして、ヤマトの説明会に行こうと思っているのですが・・軽の運送ってどうですか?」と聞いてきます。

そして、意外にも私の弟も「なあ、軽の配送ってどうなの?家族養えるの?」と聞いてくる…。

どちらも40歳代半ばで家族持ちの男です。

また、昔の部下だった38歳の既婚男性もメールで似たような感じで転職の相談をしてきた。

なんとも、私も周りでは【軽配送検討】ブームが到来しているのか?
っと思えるほどの相談件数だったりする・・・。

聞くと【将来の年金が不安】→【60歳定年で再就職はできるのか?】→【暮らせるほどの給与は出るの?】という疑問を共通して持っている感じです。

「70歳くらいまで働かないと生きていけないっすよね?」という認識だ…。

そうなると、60歳で定年退職し、65歳まで雇用延長して、65歳から仕事探しをするって図式に不安を覚えたりする。

まして50歳を目前にして、定年退職までの自分の姿を想像し、無理に会社にしがみつき生きていく必要性も無いと見れば否応がなく転職を考えたりする…。

しかし、40歳代半ばとなり好条件で拾ってくれるほど甘くない・・・。

そこで、軽配送はどうなのだろうか?といった感じになるのであろうか?

まあ、解りますよね。

軽配送が魅力的に見えてしまう‥。

70歳まで働けて、まずまずの収入を得られる仕事。

ついつい、軽配送を実際にやっている友人知人に聞いてみたくなっちゃいますよね(笑)

50歳目前で色々と不安になり、今のうちにって人がきっと多いのだろうと思う今日この頃です。

軽配送に興味を持ったら資料を集めることから

大体の人は、求人サイト、求人誌なんかで【軽配送】【軽運送】【軽貨物】なんかを探すと思いますが、軽運送の元請け会社は星の数ほどあります。
中には個人に毛が生えた程度の零細企業も多く、不払い問題や休業時の対処といった働いていくうえでのトラブルなんてことも頻繁に起きています。 多くの元請けは2か月スパンで報酬を支払ってくる会社が多く、いざ貰おうと思っていたら倒産、夜逃げされたなんて話も聞いたりします。

そういった不安もありますので、私は、ある程度の以上の元請企業を選ぶようにしています。
ロイヤリティの利率がどうのこうのってありますが、倒産されたらどうしようもないですからね・・・。

っということで、マイナビ独立に掲載されている企業の中から資料を取り寄せてみるのがいいと思います。

軽配送系の企業がたくさん掲載されていますし、資料も無料ダウンロードできますから便利です。
私の知る中では、→マイナビ独立が軽配送関連企業の掲載が一番多いと思います。

ぜひ、研究に活用してみてください。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
新規参入への情報軽貨物運送業
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました