案件の巡りあわせはタイミングと運にかかっていると思う…持論

新規参入への情報
スポンサーリンク

梅雨空が気分を重くさせます、先日書きました鬱になってしまった元軽貨物ドライバーの方が心配です…。

曇り空、雨天の日に気分が下がるって人が多いと聞いたことがあります、毎日毎日、暗い空ばかりを見ていたら健康な人でもテンションが下がるそうです。

つい数日前に電話で話したときは、「あと少し休養したら軽貨物に戻ろうと思っている」と前向きな声が聴けたので安心していたのですが、さてどうでしょうか…。

話は変わりますが、私は50歳近くになって【自分の行いや行動】に厳しくなった気がします。
ほんの些細な事というか、人として当たり前なのかもしれないが、例えば、ゴミをポイ捨てしないとか? 人に嫌味を言ったり意地悪をしたりとか? (今までもゴミのポイ捨てなんてしていませんけどね・・・例えばの話)

っというのも運命の巡り合わせや引き寄せってあるのではないか?
と思うようになったからだと思います。

まあ、運の引き寄せや不運な出会いって気分によるじゃないすか?

例えば、嫌な事があったりしたときに「あっ、あの人に意地悪したから、こんな目にあったんだ」とか?
良いことがあった時に「あの時に譲ったからだぁ・・・」とか?

まあ、偶然であり、迷信じみていますけど、心の置き所によって運と不運は変わる気がします。

あとですが、これこそ迷信かもしれませんが・・・
【自分の行いが孫に影響する】

という話を聞いてから、ビビっちゃって・・・正しい行いをするように心がけるようになりました。

まだ見ぬ孫が幸せになるのか、不幸になるのか、自分の生きる姿が影響するって事らしいです・・・。

そう、あなたの普段の生活や他人への意地悪が回りまわってお孫さんへ影響するって事です(笑)

ビビりますよね?(笑)

前置きがながくなりましたが、軽配送の仕事でもこういった話はよくあります。

スポンサーリンク

回ってくる軽配送の仕事は、その時にタイミングしだい

軽配送の案件は、基本的に所属会社が受託して個々のドライバーへ回されます。
所属会社の営業マンが仕事を取り、折り合いをつけて契約し体の空いているドライバーへ話をするって事が日常的に行われています。(個人で請ける人もいらっしゃると思いますが、あくまで所属会社登録のドライバーでの話です)

4時間で1万円の報酬話や、1件配送で5000円なんて定期の話もあれば、150キロ走行で12000円なんて案件もあったりします。

おいしい話があれば、誰もやりたがらない糞仕事なんかもあったりします。
朝の市場仕事なんか朝の4時にいって報酬が2000円なんて仕事でクソすぎてすぐに辞めました(笑)

「あっ、あの人の仕事いいな~」なんて思うような案件を目の当たりしたことがあったり
「あっ、あの人が辞めたから、この人が回されたんだ・・・」ってタイミングの悪さを目のあたりにしたこともあります。

所属会社にとって重要な案件であったり、うるさいお客さんだっりすれば多少は人選されますが、基本は体の空いている人を回すってのが常道です。所属会社は、安定した現場をいじろうとは考えません、空いている人をどうあてがうかを優先します。

つまりは、タイミングです。
あとは、運があるか、運がないのか?につきます。

ですから、運を引き寄せられるように日々の行動をしっかりしていないといけなのだなって思うわけです(笑)

所属会社選びは成功するかしないかの第1歩です

運って言いますけど、前準備や調査によってもリスクを減らすことは出来ると思います。
評判の良い企業なのか、案件をたくさん持っている企業なのか、それともブラックなのかなどなど、ネットで調べることができたり、コンビニの駐車場に休憩しているドライバーに話を聞くってこともできるわけなんです。

こういった調査や情報収集を怠るとリスクが増大し運もついてきませんよね?
まずは、所属会社の情報を得る事が大切です。

独立・開業・起業を助けるマイナビ独立ならすぐに資料をダウンロードしてみることができます。

スマホでも見れますので、通勤時間なんかで読んだりしてもいいと思いますよ。
軽配送企業がかなり掲載されていますから、比較するにも大変便利です。

ぜひ、いちど覗いてみてください。軽配送以外でも面白そうな脱サラ案件が掲載されていますから研究するにもいいサイトだと思います。

こちらのバナーから覗いてみてください↓↓↓

ではでは、今日はこの辺にしておきます。
梅雨空が続きそうですが、前向きに生きていきましょうね!

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
新規参入への情報
スポンサーリンク
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました