所属会社を複数登録するのは、結構だけれどもバレルと面倒な事もある

新規参入への情報
スポンサーリンク

ようやく春らしい陽気になりました…。

なったと思ったら夏日のところもあるとの事で、暑いか寒いか極端すぎてイラっとします。

この3月でスタッドレスからノーマルへ戻したドライバーも多いと思いますが、私のスタッドレスは3シーズン使ったので、このまま履きつぶす予定です。タイヤの買い替えも割と大きな出費なので何とか効率よくタイヤを回して経費を抑えたいと考えたりします。

さてさて、このブログへ来てくださる方の多くは、開業検討者の方々と思いますので、参考になりそうな実体験を織り交ぜてお伝えしていきたいと思います。

 

人間って考えることが割と同じだったりするので、割と似たようなミスをする人も多い気がします。今回は、前日現場で遭遇した【やってはダメでしょ?】って話を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

所属会社に数社登録し浮気行動したドライバー

先日、ある現場で一緒になったドライバーは、いわゆる自慢タイプの性格でベラベラと色々な事を話してくれた。

また、他のドライバー経由でそのドライバーの所属会社を知る事となったのだが、これが、驚きだった。

所属会社に数社登録し仕事を回してもらっている話は本人から聞いていたのだが、今回の案件は、聞いたことのない元請け企業から請けているらしい・・・「確かA社メインのドライバーだよな~、それに、この現場A社の勢力が強いけどな~」と内心思っていた。

 

すると、数日後・・・

そのドライバーの姿は無かった(笑)

別のドライバーが引き継ぎを受けていて、あいさつに来てくれた。

「あれ? あのドライバーどうしたんですか?」と引き継ぎに来ていた元請け会社の社員らしき人に聞いてみると・・・

 

「あっ、あの人、契約違反でしたから、辞めてもらいました・・・」

そのドライバーと所属会社との契約書に目を通したことがないので何とも言えないが、勢力を持つA社としては、別の所属会社経由で入り込むというのがどうも気に入らないらしい・・・。

まあ、確かにわかる・・・。

そういったドライバーの信用度は下がるし、自社をメインにしているドライバーを大切にしたいというのが人情なんだと思う。

しかし、別の所属会社に登録、所属してはイケナイとは謳っておらず、「営業も自らやってもらっていいですよ」という所属会社もあったりする。(私の所属する会社も営業していいと言う)

やっぱり、上手く浮気する事が一番のようだ

浮気は良くないと思いつつも、背に腹はかえられない・・・

目標の金額に届かない場合は、他に収入源を探るのが常というもの・・・。

であれば、メインに請けている所属会社にばれないように副案件を取り入れる事が必要なのではないでしょうか?

まあ、狭い業界なのでいつかはバレル可能性もあるが、、気を付けるに越したことはない。また、自慢話っぽく色々な会社に登録していると他人に話すなんて無防備すぎて笑ってしまう(笑)

所属会社の複数登録は、他言無用に決まっている。

メイン所属会社の下請け案件の可能性も!

所属会社を辞めて別の会社から仕事を請けたら、元の所属会社から降りてきた孫請け案件だった・・・って笑い話はよく聞く話です。実際に数回は目にしています(笑)

勢力を誇っている現場でも、急に人が辞めたり、病気やけがで別のドライバーを探すってことは当たり前の話ですが、自社でドライバーを確保できない時は下請け会社に仕事を落とすって事は、どの業界でもあると思います。

軽配送でも頻繁に行われていて、持ちつ持たれつでつながっていたりします。

私の所属する会社でも、3月は某大手引っ越し会社の手伝い案件が回ってくるし、某大手の宅配応援なんてしょっちゅう話が回ってくる・・・。

こういった事例も数年の在籍で見えてくるので、失敗を重ねて覚えていけばいいと思いますが、やはり、有名企業、大きめの企業に所属することが大切な気がします。
手数料、ロイヤリティーの料率で決めずに、下請けが多いのか、孫請けが多いのかといった事も非常に大切ですから、これから所属会社を決める際は、頭の片隅に入れて説明会に参加されてください。

軽運送有名企業の資料が無料で手にい入る

このところ、このサイトばかり紹介しておりますが、このサイトだけで十分に情報を仕入れられるので毎回しつこく記載しています。

星の数ほどあるといわれる軽配送会社ですが、倒産や未払いといったリスクも付きまといますから、できるだけ低リスクで始めたいものです。

個人から法人化した2~3人の社員で構成される軽配送企業なんて腐るほどあります、そういった会社からの勧誘ってすごい多いですし、良い話ばかりしてきてしつこいですから騙されないように注意してください。

小さな会社だって真面目にコツコツやっているところはあるでしょし、すべてとは言いませんが、最初から小さな会社から仕事を請けるのはどうかと思います。

まずは、有名は企業の資料に目を通し、実際に説明会へ参加したり、面接を受けてみて、情報を仕入れることから始めたらいかがでしょうか?

このサイトが非常に充実しています。もちろん軽配送以外の情報も豊富ですから、副業探しや新たなビジネスのヒントにも役にたちます。資料は、無料でダウンロードできますし、郵送というタイムラグもありませんから、休日などに覗いてみてください。

このページの情報は4月5日現在の内容となっております。変更されている情報もあると思いますのでご注意ください。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
新規参入への情報軽貨物運送業
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました