前回の記事に対して「夕方からの仕事もあるよ」ってお便りを数人から頂きました。

新規参入への情報
スポンサーリンク

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

甲子園もいよいよ準決勝、県立高校で頑張っている金足農業と連覇の大阪桐蔭の決勝がぜひとも観たいものです。

朝晩の風がいよいよ秋の気配です、夜の仕事中にエアコンをかけなくても涼しくなったので収益的に凄く有難く思っています。

さてさて、この数回の投稿にて「軽配送は稼げるのか?」「頑張れば稼げる世界なのか?」について私見をお伝えいたしましたが、いくつか同業者から反応を頂きました。

別に悪い反応と取れる内容で無なくて、「夕方からの仕事もあるし、まずまず稼げているよ」とか「朝から晩まで働いているから夕方からの仕事なんて必要ないですよ」とか割と稼げている人からの反応でした。

前回の記事にも書きましたが、【絶対に夕方の仕事が無い】とは決して言っておりません。

現に私も夕方から深夜まで仕事が入っておりますし、同じ現場へ入る他のドライバーも存在している訳で、仕事にありつける人もいるって事実もあります。

但し、私だって今の夕方の仕事が打ち切りとなった場合にどうなるか?

と言うと…

はっきり言って未定ってことになります。

タイミングよく次の現場が見つかればいいのですが、そこは運に任せる要素が強いかと…。

数か月も夕方の仕事がないなんて現実がすぐそこにある訳でして。

そうなると、副業を探したり、宅配を請けたり、スポットを請けたりと減収を補わなければなりません。

ですから、所属会社の営業の人には、遠回しに現在の状況を聞いてみたり、夕方からの新しい仕事発掘の状況を探ったりと情報収集には余念がありません。

前出の深夜までやっていて夕方の仕事を気にしないってドライバーの仕事を聞けばア●クルの配送です。

大手の佐●急便やヤ●ト運輸、ゆうパックなどの宅配と少しイメージが違うと思いますが、企業への配送といえ個数建ての配送に違いはありません。

1個120円とか1個150円の配送ですので、企業への配送であれば10個口や20個口って事もあるので効率は若干いいかもしれませんが、個数を捌くって事であれば、宅配仕事に近いと言えると思います。

私もかなり前ですが、ア●クル経験があります。

3階にある事務所でエレベーター無しの外階段を使い、コピー用紙30ケース手で運ぶお客さんがあって雨の日に泣きながら運んだ思い出がございます。

その時は、1個130円の時代でしたから、1件で4000円弱の売上です。

コピー用紙30ケースも積んでいると他の荷物は積めないので、もう一度倉庫へ戻り、他の顧客荷物を積み込みしてから再出発しなければならず、遅れによって終了時間はかなり遅くなりました。

これを高効率と呼べるかどうかは、個人の価値観によると思います。

私は…

過積載は嫌だったし、車輪のハブがいかれるし…で効率の悪い仕事と判断した訳なんです。

でも、人によっては、1件で4000円稼げるなら高効率と捉える可能性もあります。

恐らく半々くらいか、高効率と捉える人の方が多い様な気がします。(重たいの嫌いな私…)

この様に仕事の価値観って人によって違うと思うのです。

年齢や今までの仕事経験、肉体労働向きか、内勤向きかなど、その人の人生経験で価値観が違うって事です。

1個配って120円の仕事を選ぶか…
1日で固定20件の仕事を選ぶか…
9時から17時までの仕事を選ぶか…
3時から9時までの仕事を選ぶか…
100キロ走行の仕事を選ぶか…
30キロ走行の仕事を選ぶか…

同じ収入だとしたら、あなたは効率をどう判断するか?に寄ります。

中には宅配が大好きな人もいます。朝から夜遅くまで配達して喜びを得る人もいます。
朝から晩まで配達して「効率が悪い」って愚痴を言い撤退する人もいます。

こういった事から、私の話が全てではないって事を理解してくださればと思います。

求人サイトのはたらいくで色々と研究してみるのも手です

求人サイトは星の数ほどありますが、私は、はたらいくドライバー・運転手特集ページ【タウンワーク】をよく参考にしています。

例えばはたらいくの検索窓に【委託 ドライバー】と入れてみると神奈川県で27件出て来ました。

月収50万円とか70万円とか凄い求人が目に付きます(笑)

まあ、嘘だとは言いませんが、「これだけ稼いでいる人もいますよ」って話なんだと思います。


ドライバー・運転手特集ページ【タウンワーク】で雇用形態と【その他】として再検索してみると257件も出て来ます。
こちらも似たような高額収入がずらりと並びます…

本当に稼げるか?ぜひ問い合わせしていただければと思います。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
新規参入への情報軽貨物運送業
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中