黒い猫ヤマトの宅配をやっているドライバーと立ち話をして知った最近のドライバー事情

その他
スポンサーリンク

みなさま、おはようございます。

今朝の横浜は雪、屋根には、うっすらと積もり始めております。まさかまさかの3月の雪、スタッドレスをノーマルに戻したドライバーが多かったのではないでしょうか? 私は数年前に3月雪で苦い記憶があるので、スタッドレスのままでした。

そう、意外にも3月の雪ってあるのですよ!!

さて、先日たまたま、某黒い猫の宅配をやっている知人とコンビニで遭遇して数分間の立ち話をしました。

知人は、親会社?元請?所属会社? まあ呼び方は色々とありますが、大手黒猫宅配会社からの扱いに変化があるという内容の愚痴をこぼしておりました。

最近、求人広告を見ていても配達単価を出さない企業が多く、宅配単価の相場が解りにくくなっておりますが、少しは良くなっているのでしょうか?

また、amazonが独自の配送網を広げているという事もあるので仕事量に変化が出ている可能性もあり元請経由の仕事も減少し総売り上げが下落している可能性もある

大手の佐川急便さんの直接契約では…

宅配サポーター
【完全出来⾼制】⼀般⼩荷物1個当たり配達単価130円〜(税別)※地域により異なる。■⽉収例:通常⽉27万400円〜 30万4200円(配達単価130円×1⽇80個〜90個の場合)※業務委託契約のため源泉徴収はされません。確定申告が必要になる場合があります。【事前研修あり】3⽇間/報酬9千円
当月20日締め、翌月20日払い
新人保証あり。
3ヶ月間は、1日あたりの給与を保証します。
(例)フルタイム:13,000円/短時間:6,000円(地域により金額は異なります。)

大手黒い猫の宅配便さん

色々な情報を平均化すると140円といったところ、年末には190円なんて聞いたが期間限定と思われます。

まあ、さほどの単価上昇は見られないといったところ、私がやった時は110円だったので多少は良くなっているのか?

知人ドライバーの愚痴の内容について


知人は、クロい猫ヤマトさんの宅配オンリーで3年ほどやっています。

さほどの仲でもないので、たまたま会った時に軽い挨拶話程度の仲なのですが、今回は割に色々と話してくれた。

知人:「あのさ、今のコースって割と慣れていて、安定した個数だから収入も安定していたのよ、ところが、今度は、月単位の契約となって、3か月とか6ヶ月とか短期の契約になったんだよね~…」

私:「でも、ヤマトさんって人手足りていないでしょ? なら自動更新的な扱いではないの?」

知人:「ああ、確かにそうなんだけどさ、隣のコースの奴が急遽、契約更新されなかったんだよ・・・普通にやっていてだぜ?」

私:「・・・・なんで?」

知人:「最近、ヤマトのグループ会社にヤマトサプライってところがあってさ、そこのドライバーにやらせるって事らしいだわ」

私:「あっ知ってる、白い車しかダメなところでしょ?」

知人:「そこに加盟してきた個人ドライバーに仕事を回して、今までの協力会社経由のドライバーは他のコースとかクビとかになっているって話なんだよね…」

私:「でも、宅配ってさ、すぐに稼げるわけでもないし、慣れとか向き不向きとかないの?すぐ辞めちゃうとか?」

知人:「まあね、でもジワジワとサプライ経由のドライバーが増えてきてんから、ヤバイだよね~・・・」

私:「でも、無理が出さ、そのうち回らなくなっちゃう気がするけどね~」

知人:「それに、サプライへの加入を勧誘もあるし、俺も迷っているんだよね~」

私:「なら、佐川とか郵政はどうなの?」

知人:「あんね、佐川のこと、知ってるでしょ? 確かあんた、セールドライバーやっていたものな?」

私:「うん、まあ・・・」

知人:「今や、ヤマトの効率良い仕事をやったら、あそこではやれねえよ、見ろよ、佐川の委託さん…苦労してそうだろ?」

私:「確かに・・・悩むね・・・」

宅配になにかしらの変化の兆し


今回のヤマトサプライさんの進出とamazonの自社配送(協力会社を使うが)は今年辺りから色々な面で影響を与えそうです。
個人事業主ですから、完全なる安定性は求められませんが、それでも半年先くらいは、見えていないと厳しい。

それが、1か月契約とか3か月契約に変わったとなると心境的に非常によろしくない。

まして、グループ会社内で仕事を回そうとしてるとなると、いつ切られるか不安感で一杯になる。

amazonの荷物も減るとなると、今まで【通販による物量増加】の方程式が崩れ減収となる可能性ある。

今まで以上に所属会社、元請会社の選択が重要になってくるのではないでしょうか?

知人ドライバーの決断は、どうなるか解りませんが、話をした感じでは、ヤマトサプライへの移籍

今のところ、その選択が一番なのかもしれない。

アマゾン協力会社のドライバーがどれほどの条件なのか、ぜひ知りたいと思う。 

ドライバーが集まる当う事は、それなりのメリットがあり、条件面で折り合いがついているという事。

さてさて、この数年の環境変化がドライバーイジメとならないよう切に望みますね。