数年前は、軽配送に興味なかった知人が会社を辞めて軽配送をやってみたいと言ってきた。

プライベート
スポンサーリンク

みなさま、こんにちは。

ようやく木曜日となりました、朝から晩まで走っていると1日過ぎるのが遅く感じます。

軽配送の仕事も7年目になりますと、色々な方から軽配送の感想を求められます。なんとなく、いい仕事に見えるのでしょうか?

まあ、どんな仕事にもメリット、デメリットがあると思いますが、私にとってはメリットの方が多い仕事だと思っています、何よりも5年以上も続けていられている事が証明になるのではないでしょうか。

そんな相談してくる中年サラリーマンの事をブログにて書いたりしているのですが、本当に仕事を探している40代後半~50歳の方が多いと実感しています。

10年前のサラリーマン時代の後輩や同僚なんかも時折、連絡してきて現状を嘆き、転職を模索している様子を伝えてきます。

好景気だの完全失業率が改善だの人手不足が深刻などニュースや報道で目にしますが、中高年の就職状況に変化は無いような気が致します。
ただ、脱サラし底辺で仕事をしている私なんぞには、見えていない事実や景況感なんかもきっとあると思います、仮想通貨なんかのバブルも全く関係なく生きていますしね…(笑)

ただ、小売業、飲食業に関しては、過去の関係から知り合いも多く、決して好景気などを感じる事なく業績不振で喘いでいる姿を目にしています。自動車業界だって、正規雇用は増えていないわけでしょ?

いったい、庶民に好景気は訪れるのでしょうか?

小売業や食品スーパーが危うい状況らしい


私は、個人事業主になる前は、食品の小売り販売業の会社におりました。10年前にすでに危機的状況になっており、これから先も様々な要因で改善する見込みはないと感じておりましたし、再就職先の面接では、年収が3分の1になるという説明を受けて驚愕した記憶がございましす。

いま、私の後輩たちが、その憂き目に遭っています。

「転職しようと思ったのですが、希望の年収がないし、求人は30歳以下とかです…どうしよう」といった相談や「こりゃ、介護しか転職先がなくて迷っています」とかですね、50歳前後の働き盛りが非常に悩みを深くしているのです。

コンビニの売り上げ高はまずまず伸びている報道を目にしますが、各スーパーの売り上げは軒並みダウンです。コンビニの拡大は、フランチャイズ制店ですから雇用を創出する業態とは思えませし、仮に自分でやろうとしても、昼夜問わず店頭に立って奮闘するというブラックなイメージが流れているので誰も手を出そうとしません。(都内のコンビニは外国の店員が物凄く多いです)

そんな状況なので、先に脱サラした私へ様子伺いで連絡をしてくるのです。

「最近、どうですか? 今、何しているんですか?」的に…(笑)

私が「まあまあ、気楽に生きていますよ」と答えると、一様に軽配送に興味を抱きます(笑)

まあ、当たり前の質問が続きますよね…

【稼げますか?】
【安定していますか?】
【休みありますか?】

まあ、この3つは必ずといっていい程出てくる質問です(笑)

そして、【保険とか自分で払うのですか?】となって、その点をクリア出来た人だけが、もう少し突っ込んだ質問をしてきます。

少し前は、軽配送に興味なかった人なのだが、前向きになっている不思議


仲の良かった同僚は、2年前に軽配送への転職について全く興味を持っていませんでした、私と同期ですので49歳の男です。

それが、この1年で大きく変わってきています。(その他の知り合いも何となく興味ありげに聞いてきますので風が変わった?と感じています。)

「今の会社にいても先が見えているし、人を大事にしてくれないし…」

今さら、そんな事言ってんの?ってレベルで驚きます。

私が39歳で会社を辞めておりますから、あれから10年近くも経ってようやく至った答えがそれです。

毎晩の様にメールや電話で軽配送の事や世間話的な事を伝えて来ますので、どうやら彼は軽配送を始めるつもりなのではないでしょうか?

いいんじゃないでしょうか、軽配送の魅力が少しでも解って参入してくる訳ですし、軽配送を否定している訳ではないので、こちらとしましても話をした甲斐があるってもんです。

いつ退職し、いつから始めるのか解りませんが、しばらく様子を見てみたいと思います。

それでは、今日も都心へ向かって走って参ります。

今日もご訪問頂きましてありがとございました。