軽運送の世界も【立つ鳥跡を濁さず】だと思いますよ…。意外に再会します(笑)

その他
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

今日の横浜も寒いです、なにやら来週の木曜日辺りも雪の予想がされていますので混乱再来の予感が致します。
しょうじき、今回こそは、雪道対策をしっかりとして頂いて、立ち往生で迷惑をかけない様にして頂きたいと思います。夏用タイヤがどれだけ迷惑をかけているか自認していただきたいと思いますね。

今日の三鷹での給油はレギュラー137円でした…(早く下がらないかな~)

先日、以前に所属していた際に知り合ったドライバーとあるスポット現場で再会たしました。

そのドライバーは、会社側から評判もよろしくなく、私も含め周りからあまり良い印象を持っていなかった人だけに、嬉しい再会とはなりませんでした。

「あれ、Aさんじゃあないですか?」

「おおっ、久しぶりだな~…元気かい?」と向こうも覚えてくれていて、軽くおしゃべりをしました。

何やら、前の所属会社を辞める際にトラブルがあったらしく、なんと仕事をすっぽかして辞めていったというではないですか。

「覚えてるだろ? あの日は、行かなかったよ・・・、あいつに頭きてさ、無理難題ばかり押しつけやがったからさ」と平然と言ってのけます。

「ええ、あの日は、穴があいたところに社員が入ってカバーしてましたよ、混乱して大変な事態となりましたよ」と私が返すと、「そっか、まあ、この業界の連中はそんな事は、割とあるからなぁ…」と開き直って悪かったなんておくびにも出しません。

「今は、どうなんですか?」と流れで聞き返すと、今までの紆余曲折を教えてくれました。

「あのよ、あの後にS社に行って、そこも美味しい仕事なくてさ、そんで宅配やったんだわ、でも1個100円の世界だろ?稼げねえし、今は、小さな4名しかいない会社から貰っているよ…まあ、ここもだめだわ」と・・・。

その時に私は思いました、「サラリーマンの転職と一緒だわ、いい仕事を求めて転職しても年収が下がるって図式と同様って事だな」という事を…。

結局、どこの会社も相手にしなくなり、風来坊の様に色々な会社に移り変わり、最後は小さな会社しか行くあてが無くなったって事。

「おい、いま、お前、どこの会社なのか?」と聞いてきましたので、「えっ、まあ…」とお茶を濁して立ち去ることにいたしました。

紹介してくれなんて言われたら最悪ですし関わりたくないですからね~、仲が良いなんて思われたら信用失くしちゃいそうで・・・。

その人が言うには、色々な現場で過去に絡んだ人の名前が挙がっていました、Aさんは、K社にいるとか、BさんはS社にいるとか、Cさんは、何を運んでるとか、まあ、色々な人の情報を持っている感じですが、真相も定かではないですね。

こういった過去に絡んだ人とかって割と再会したりします、道路ですれ違ったり、免許書の更新で出会ったりと…

一番、嫌なのが、同じ現場に入ってくる事です・・・


責任感のある、普通の人との再会だったらいいのですが、そういう時に限って癖のある奴だったりするもんだから、人生は厄介です。

先日も、今の受託先で再会した人がいたのですが、前の所属会社B社から来ているドライバー・・・

B社は、悪質企業で二度と絡みたくないと思っていただけに、その社名を聞いて嫌な気持ちになりました。
だいたいの現場は、最初に営業社員と一緒にドライバーが来るので「あの、嫌味な社員が来たら嫌だな・・・」と心配していましたが、ドライバーだけだったので最悪の状況はな逃れましたが、嫌なものです。

結局、そのドライバーは、何度も寝坊で遅刻はするは、上の立場の人とタメ口を聞くはで、その会社もろとも出入り禁止にされていました。まあ、あそこの会社ですから・・・といったところでしょうか・・・(笑)

立つ鳥跡を濁さず

ではないですが、やはり再会する事を頭に入れて良い辞め方をする事が大切ですよね、噂はすぐ広まりますし、軽配送の業界はなんだかんだ狭い世界ですから繋がりをどこかで持っています。

二度とこの会社になんかお世話にならないわ~!なんて思っても下請けの下請けで回って来ることもある世界です。

人として当たり前の事をしていれば、間違いなですが、そういった常識を持たないドライバーも多いのが実情です。

これから、参入してくる方には、より良い業界となっていくように常識ある大人の対応で稼働して頂きたいなって思います。

黒ナンバー同士で譲り合ったり、挨拶したり、そんな繋がりを持てる明るい世界が出来るといいと思いますよね。

では、そろそろ出動の時間となりました、今日も首都圏を走ってまいります。

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
その他新規参入への情報現状報告
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました