私の感じた、軽配送の案件における最大のストレスとは?

スポンサーリンク

[ad#co-1]

みなさん、こんにちは。

久々の更新となってしまいました。気温も下がりいよいよ冬到来って感じです、夏も嫌いだし、寒いのもダメ・・・、軟な身体になったものです。どうでもいい話ですが(笑)最近、ラジオから流れる交通情報の女性アナウンサーの【ワラガイ】さんの声に癒されております…。あの優しい美しい声は他のアナウンサーの比ではありません。(どうでもいいっ話ですがねw)
379657
さて、私の請けている案件も間もなく1年になります。早いですね、12月で1年が経過します。
昨年に請けていた2トン車での配送案件は、凄く1年が長かったのですが、今回は凄く早い…。

皆さんが請けている案件はどうですか?
ボチボチですか?
嫌気がさしていますか?
稼げていますか?
怒り絶頂でしょうか・・・?
510059
まあ、人それぞれですよね?
価値観や満足感は、その人にしか解りませんから、人それぞれの想いで労働している事でしょう。

私は、今の案件に満足しておりますし、過去の案件を振り返ると今の環境の良さを実感できます。

過去に請けた案件の経験ってジワジワと効いてくるのですね…。
「あの時の宅配は、配完出来ずに苦しかったな~」「ネットスーパーの釣銭切れはストレスだったな~」「狭い道路に入って行く、あの恐怖は忘れられないな~」とかですね、過去の苦労を顧みると今の環境が凄く良く思えてきます。小さな嫌な事や不服なんて消化できちゃうんですね。

さて、こうやって過去の案件を振り返ってみると、軽配送における自分のストレスって…共通している事が解ります。ストレス度って人それぞれですので他のドライバーがどう感じるか解りませんが私のストレスはやはり・・・これですね(笑)

スポンサーリンク

配達先が解らないって事…が私の最大ストレス

mayoi
基本的に軽配送の仕事はモノを運び配達する仕事です。ですから、運び先は必ずあります。
配達先を知っているか知らないかの違いは、仕事のはかどりと収入に大きく影響します。

例えばamazonの配達や楽天の通販といった一般宅への配送は、初めてのエリアでは99%知らない配達先になります。誰々さんの家、どこどこマンションの203号室、どこどこアパートの101号室とかですね…。 ネットスーパーも一般宅が殆どですね、しかも時間指定まであって、迷っている余裕が無かったりします・・・。マンションの入り口が解らなくてグルグルぐるぐると近隣を走ったり、エレベーターが違ったり、違う棟だったり、丘の下に入り口があったり、2階と3階が入り乱れていたりと、初めて行く場所は、かなり時間をロスします。

企業配の方が少しはマシな感じですね、幹線道路沿いや看板があったりと解りやすかったりします。
それでもエリアに慣れるまでは、行先の順番決めやルートによって時間をロスしたりしますね。
但し、重量物が多いのが企業配ってイメージです、アス●ルの配送を手伝った時にコピー用紙を30箱をエレベーターを使わず4階まで手上げした経験があります。後は…大量の使用済トナー回収とか…。
yokohama
時には、クイーンスクエアーの様に高層ビルの中にある企業へ配送なんてのも苦労です。駅ビルの中も嫌ですね~・・・。 クイーンズスクエアーの30階に非常用食料を運んだ時は、台車で5往復もしましたし、しかもエレベーターは常連のドライバーが「どけどけどけ~!!」って感じで新参者を追い抜いて先に乗ってしまいますし、親切な人なんてまあいませんねw 時間をかなり浪費してしまいました。
あの時も「慣れない場所ってマジで大変だよな~」って実感しましたしね。

チャーター便・スポット便も比較的、初めての場所が多いかな~・・・って感じです。
しかし、1か所降ろしが多いですし、企業配ですので迷う事は案外少なかった。それでもナビと地図を見ながら目的地に向かうのはストレスですよね。

降ろす場所が解らない、担当者はダレ? 敷地内のどの部署? 守衛所で記載とか面倒な事も割と多い気がします・・・。

っといくつか経験事例を挙げてみましたが、どれもこれも【配達先】が解らないという問題です。

結果として慣れれば何とかなるのですが、ネットスーパーは1年やっても初めていく場所が毎日ありましたし、宅配は3か月は最低かかると世間では言われていますからね、このストレスに打ち勝てるかどうかも成否のカギになるのではないでしょうか?

私は小心者ですので、こういったストレスは嫌い・・・。

収入の頭打ちがあっても、毎日同じ荷物、同じ時間、同じルート、同じ配達先、同じ担当者の仕事が向いていると思っています…。 今の案件がまさにそうなのです、ですから1年間ストレスを抱える事がなく満足して働く事が出来ました。

これから軽配送へ参入する中高年の皆様にとって参考になりましたら幸いです。

[ad#co-2]

タイトルとURLをコピーしました