やっぱりNPO法人は運営していくのに魅力がある。

プライベート
スポンサーリンク

今回もNPO法人について綴ってみたいと思います。

実は当初、一般社団法人の形態で事業を行いますが
NPO法人運営を諦めたわけではありません。

それだけ知名度が高く、そして様々な恩恵が多く魅力に
富んでいる形態です。

NPO法人は商売をしてはいけないというイメージを持って
しまいますが、所得税など税金をしっかり納めれば問題はありません。

逆に下記の34種類の事業を、継続して事業場を設けて営まなければ
収益事業にはなりません。

(1)物品販売業 (2)不動産販売業 (3)金銭貸付業 (4)物品貸付業 
(5)不動産貸付業 (6)製造業 (7)通信業 (8)運送業 
(9)倉庫業 (10)請負業 (11)印刷業 (12)出版業 
(13)写真業 (14)席貸業 (15)旅館業 (16)料理飲食業 
(17)周旋業 (18)代理業 (19)仲立業 (20)問屋業 (21)鉱業 
(22)土石採取業 (23)浴場業 (24)理容業 (25)美容業 (26)興行業 
(27)遊技所業 (28)遊覧所業 (29)医療保健業 (30)技芸・学力教授業 
(31)駐車場業 (32)信用保証業 (33)無体財産権の提供業 (34)労働者派遣業

ようするに非課税扱いとなるのです。例えばパソコンを教える事やバザー的に
商品を販売しても良いわけです。これは運営していくには非常に大きな恩恵です。

次に定款などの変更があった場合でも経費がかかりません、役員が変わったり
任期が終わったりで変更も結構出てくると思うのですがその都度、手数料なりを
支払わなければなりません。

特に一般社団法人は理事の任期が最長で2年です、2年に一度は届出をしなければ
ならず、その都度支払いが発生します。

しかしNPO法人であればそういった経費も無料で行ってくれます。

やはりNPO法人は恵まれた法人ということになります。

ですかた設立にもハードルが高いのでしょうね。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
プライベート過程報告
スポンサーリンク
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました