NPO法人設立を検討したが・・・。

現状報告
スポンサーリンク

みなさま、お疲れさまです。今日も暑くて頭がぼ~とします。

来週からはかなり暑い日が続くと予報されているので気をつけて
過ごしていきたいと思います。

さて、法人形態を選ぶお話しがつらつらと続いております。
もう少し簡潔に解りやすくお伝えしたいと考えておったのですが
今後の事も踏まえて本音も書きにくい事も出てきました。

前回は営利法人についての検討でしたが今回は非営利団体について
検討をしてみます。

非営利団体ではボランティアが一番の知名度というか言葉で誰でも無償
での活動というのを知っています。
非常に印象も良く、尊敬の念すら抱かれたりします。そのボランティア
を法人化したのがNPO法人として認知されていて非常に好印象で崇高な目で
見てくれることは必至です。

しかし当然ですが認可が厳しく設立は非常に難しい印象を持ちます。
行政書士の先生に相談し、設立までのプロセスを話し合ったのですが現在は
暗礁に乗り上げてしまいました。

どういった点が難しいのか2点記載します。

1.設立時社員10名以上
  正直言うとここが最大のネックです。3親等以内の者は入れられず、叔父に頼もうと
  思っていましたが断念。
  友人に頼むにしても気楽に「名前貸して」なんて言えません。言える人は言えるでしょうが
  私は気軽に言える性格ではありません。

  また考えの違う人間を入れて今後の運営に影響するのでは?という心配もありました。
  10人もいれば考えや意見をまとめるのにも艱難を極めます。
  正直に言うと10名は多すぎと感じます。(次第に増やしていくのが自然と思います)

2.設立までに4ヶ月以上かかる
  県民に閲覧をしてもらう期間が2か月、その期間に不必要な法人と思われれば設立不可です。
  そして前持った行動、活動の報告も必要でいきなり立ち上げるには難しい。
  (県によっては気にしなくても良いようであるが・・・)

正直にいいますとこの2点で断念しております。この2点に納得できる行動をとれればNPO法人
として活動していきたいと考えています。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
現状報告
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました