各法人の設立時の資金比較をしてみる。

プライベート
スポンサーリンク

みなさま、こんにちは。

法人形態選びから更新が滞ってしまいました。中々忙しく活動しておりまして
ブログに手が回らない状況となっております。

しかし、ブログなど自分に課した課題をやり続ける事が法人運営でも必要と感じ
こうやって時間を見つけては更新するようにしています。

さて、まず私的に優先したい事項は設立資金という問題もありました。
法律で資本金0円からでも設立出来るのは知っていますが何の為に法人化するか
という問題、今後に与える問題などをよく考えると決して0円資本金にメリットが
あるとは思えません。

資本金の額が信用すべてとは言えませんが、過去の有限会社資本金300万円は最低必要で
やはり1000万円が常識的と私は感じます。

資本金0円の株式会社を作るのではあれば別の形態が良いと感じるのは私だけでしょうか?

合同会社でも同様と感じるのです・・・。

ましてや合同会社では法人としての知名度も低く、一般の方には馴染みがありません、
「合同会社ってなに?」となるのが必然的でビジネス的に関わっている人以外は
明確な法人定義を答えられないのではないでしょうか?

ちなみに設立時の各法人の概要は下記の表通りです。

法人の形態 最低資本金額 役員数 信用度 設立資金
株式会社 1円~ 取締役1名以上

監査役任意

一般的 24万円~
合同会社 1円~ 社員1名以上 認知度低い 10万円
LLP 2円~ 組合員2名以上 認知度低い 6万円
NPO法人 0円~ 理事3名以上

監事1名以上

高い 0円
財団法人 300万円~ 2名~ 一般的 11万円~
社団法人 0円~ 1名~ 認知度低い 11万円~

いかがでしょうか?法人形態でも選ぶ余地がありますし、無理に株式会社とする意味のなさを
感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このブログでは各法人の細かな定義には触れませんのでもっと正確にもっと深く知りたい方は
各々検索してみてください。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
プライベート現状報告
スポンサーリンク
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました