健康保険料の金額を確認してみてください。

その他
スポンサーリンク

みなさま、おはようございます。いつもご訪問ありがとう
ございます。

今日は会員になるメリットの一つをご紹介いたします。
ただし、会員の方全員には無理な話で打ち合わせも必要
ですし、扶養家族がいられる事前提の特典になります。

サラリーマンの方でしたら給与明細の健康保険の欄を
見てみてください、自営業の方は毎年払っているので
把握出来ていることでしょう。

ご存知とは思いますが、自営業は国民健康保険に
サラリーマンは社会保険に加入しています。
(実際は両方とも社会保険と呼ぶのですが、解りやすく
上記のように分けさせていただきました)

このサラリーマンの社会保険ですが半分は会社が
支払っています、ですから給与明細書の2倍の金額を
想像していただければと思います。

自営業は全て自分で支払い、しかも国民健康保険は
扶養という概念がないので人数分の保険料を支払わなければ
なりません。社会保険は扶養という考えがありますので
扶養家族の一定金額までの収入は許されています。

よく、103万円だの130万円だのパート収入について言われている
金額の事です。

またどちらも共通している事は収入に応じて支払う保険料が
違うということです。年収1000万円の方と年収300万円の方の
保険支払い金額は当然変わってきています。

ここで私のお話をさせていただきます、実は昨年度の国民健康
保険の支払額は妻と子供3人の5人家族で45000円毎月支払って
おりました、所得は年間120万円ほどに確定申告しての額です。
妻や子供がいる人数分の加算がされているのです。
しかも年金分は含まれておりません。

では社会保険に変更しての金額はどうなったと思いますか?
月収は法人から最低金額をもらったと仮定いたします。

私は40歳以上ですので介護保険料も支払います。
すると
健康保険料5788円
介護保険料899円
厚生年金保険16777円
児童手当拠出金147円
合計23611円になるのです。

単純に保険料での比較であれば45000円から6844円になるという事
言っておきますが毎月です!
実に約457000円もの節約になってきます。

そして厚生年金は国民年金よりも1段上の保障となります、
将来もらえるか解らない保険料に過度に支払う必要を感じていない
ので最低限のレベルで国に支払い、自分で積み立てをした方が
どれだけ納得できるかという考えもあっての金額となります。

この社会保険加入メリットをご理解いただけましたでしょうか?

この社会保険加入のご相談に応じますという事が今回のお話です。
正会員の方で私と面談できる方、扶養家族が2名以上いらっしゃる方対象で
会員10名に1名程度の割合で加入していただこうと考えております。

扶養という概念相違により金額の差が出ているという面がございますし
お子様をお持ちのご家族を優先させていただきたいという考えでも
ございます。

私と同じ境遇の方は年間40万円の節約となる可能性がございます。
これは検討しない手はないと思います。

お子さんやご自分のご両親を扶養されていらっしゃる方は
金額で大きく変わってくると思います。

一度、シミュレーションしてみてください。
社会保険シミュレーション
金額は25000円(月収)にて設定してください。(この特典をご利用いただく際も
月収はその程度となります。)

私が自営業の苦しみを知っているからこその会員特典となります。
まもなく会員募集を開始いたします。

自動車の任意保険団体割引、身分証明書の発行、会員証の発行
現在お困りの事が解消出来る可能性が高まります。

ぜひご検討ください。なお、第1期の募集は会費を低めに設定し
第2期目からは正規の価格にしようと考えております。

過去記事も含めてどれだけのメリットを出しているかよく
考えてみてください。

他にこういった組織があればお聞きしたいぐらいのメリットを
出しているつもりです。

まもなく会員募集いたします。ご期待くださいませ。

スポンサーリンク
参考にしたい記事
関連する記事
その他
takuminをフォローする
スポンサーリンク
40歳代からの挑戦!軽貨物運送事業者にて活動中
タイトルとURLをコピーしました