楽天カード申し込み手続き注意点

Pocket

楽天カードの申し込み審査を通しましょう!!

クレジットカードの申し込みには注意しなければ
ならない点がいくつかございます。

詳しくはクレジットカード専門サイトを参照して
頂ければと思いますが重要な点を一つだけご紹介
いたします。

とにかく、闇雲に審査申し込みをしない!
って事が非常に重要です。
shinsa
かずを撃てば当たると思っている人は大間違いですw
実は、クレジットカード会社は信用情報を共有しています。

現在、3社の信用情報管理会社があり過去の使用履歴や
ローンなどの申し込みなど全て借金については共有されて
おります。

「全国銀行 個人信用情報センター」「CIC」「日本信用情報機構」
の3社へ問い合わせれば、自分の信用情報を確認する事ができます。
これは、驚きですよね・・・w
nayami

まあ、借金を踏み倒す人も世の中には多くいらっしゃりますから
仕方ない面もあると思います。
意外なのはスマホや携帯の支払い遅延です、3回やるとブラック
方面に記載されるという事実。
たかだか携帯やスマホの料金とお思いになるでしょうが、
基本中の基本的な料金なので、「こんな金額を払えない人はダメ!」
って具合で見られてしまうという事。

家賃や水道光熱費などは生活必需の経費で第1優先で必ず支払う
けれど、携帯やスマホはお金が無いと支払わない部類なのだそうです。
(クレジットカード会社N社担当者の方から聞きましたので
間違いありません。)



さて、具体的に「楽天クレジットカード」申し込みについて
注意したい点をご説明いたします。

実は、楽天クレジットカードの申し込みには紹介制度という仕組み
がありまして、楽天クレカを持っている人が誰かを紹介すると
紹介料をもらえるという制度を取っています。

この「紹介制度」ですが、利用しない方が新規発行の人にとっては
お得となります。

この紹介制度は、あなたを紹介した人に楽天から1500円紹介料を
支払うというもの。
この1500円がくせ者であなたへの楽天からの入会特典が
減らされてしまいます。
年間に何回も5000円分ポイントキャンペーンや8000円なんてもの
もあります、しかし紹介制度を利用して申し込みと2000円分の
ポイントしか入りません。

ばからしくないですか?
1500円を紹介者にあげるだけなら兎も角、キャンペーンの
5000円~8000円程のポイントがあなたに入らなくなりってw

入会時2000円分は恐らく無くならない特典でしょうから
3000円~6000円は損する可能性があるのです。

まあ、紹介する方もそういった事を承知していますから
本当の友人は紹介制度を使わないと思いますよ。

現在のキャンペーンはこんな感じです。紹介制度を使うとキャンペーン
は適用されなくなります。
rakuten5

という事で、大事な点ですので申し込み時は「紹介者ID」は無記入
で通してください。(無記入でも全く問題ございません)

楽天カードの申し込みを説明いたします。

それでは、申し込みについて説明したします。
1.楽天カードへアクセス

2.楽天カードの方をクリック
1
審査に自信のある人は楽天プレミアムカードでも構わないと思います。
ここでは個人事業主という事を加味して楽天カードにしています。

3.基本情報の入力内容1

2
・ブランド選択=VISAが無難です。
・家族カード=少しでも審査を通しやすくする為に
・ETCカード=少しでも審査を通しやすくする為に
・Edy機能=必要なし
・紹介者ID=無記入で大丈夫

4.基本情報の入力内容2 本人について

この部分はご自分の事を間違えずに記入していくしかありません。
3

5.基本情報の入力内容3 職業関係

4
勤務先名=その他
勤務年数=3年以上が理想

6.基本情報の入力内容4 世帯年収

5
配偶者様税込年収=多ければそれだけ世帯年収が上がり審査に有利
世帯年収=自分の年収+配偶者の年収  計算を間違えると先に進めない

7.基本情報の入力内容5 免許証

6
免許証=身分証明の中で一番信用度が高いと言われている。

*電話番号は固定電話が理想

今は固定電話を持たない人も多い。1ヶ月のレンタルも出来るので
出来たら審査前に固定電話を付ける事をお勧めします。


1ヶ月500円という低額の光電話も良いかもしれない。インターネットを
考えている人には一石二鳥になります。 何より41,000円のキャッシュバック
すごく助かります。
固定電話をご検討中なら「ひかり電話」がオススメ!今なら41000円のキャッシュバックキャンペーン実施中
hikari
固定電話の比較は色々とありそうなので別ページで
比較してみたいと思います。 一つの大事な事は固定電話と居住年数と
言われています。
年収が低い、自営業という不利な面はこういった準備を怠らずに
行う事で有利に進められます。

私の申し込み時のケースはこちら
rakuten

限度額の申し込みは最低ラインの30万円で申し込み、審査の返答では
アップして限度額50万円そのうちキャッシング30万円といった内容に
なっていました。

この段階になったらETCの申し込みをしてみたらいかがでしょうか?
私は、念には念を入れて、そのように致しました。

家族カードも同様、とにかく一度審査を通すまでは最低限度額と
なるようにしておいた方が安全です。

リボルビング払いはアリ!

 

あと、一つリボルビング払いについてですが、
これを「申し込まない方が良い」という人がおりますが間違いです。

カード会社はこのリボルビング払いの手数料、利子で利益を上げています。
つまりリボルビングのお客さんが欲しく欲しくて仕方ないのです。

のちのち外すとしてもここは

*リボルビング払いは申し込みするべし!
 
にしておいてください。
rakutenn1
気になる部分の追記です。
何回払いが可能なのか、などを下記に載せておきますので
ご確認ください。
rakuten

何気にカードの種類によって分割可能回数が違っていたりして
困る時があります。
買い物の時に「3回払いで」なんて言ったら、カードが3回払い
対応していなくてなんて・・・。

ボーナス払いなどもあり普通に便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする