ムリな条件で請けてもドライバーは辞めていく、元請会社は、それ相応の条件で請けて欲しい

Pocket

みなさん、こんにちは。

暑い日が続いております、熱中症になるのは、真夏よりも夏の始まりに多いとニュースで聞きました。私が5年前に倒れた時も6月の暑い日でした。どうか皆様、水分補給だけは気を付けてくださいね。

さて、5月も中旬、みなさまの転職、転換、起業といった検討は前に進んでいらっしゃるでしょうか?

私は、4月から始まった現場にようやく慣れてきまして、ナビなしで回る事が出来る状態になってきました。

そんな中、3月までメインにしていた現場にて、またしても変な話を耳にいたしました。

それは・・・

ドライバー不足って話。

私の所属する会社の方針は【ドライバーのやりたがらない単価や条件では請けない】という事です。

「結局、無理して仕事をとっても、ドライバーが見つからないと社員が走る目に遭いますからね…
」という考えです。

ですから、単価合わせの際にどうしても負けてしまう場面があり、相見積でかなりのコースを手放す事になったと営業担当が言っていたのを思い出します。

しかし、イケイケの若い社長や仕事の欲しい零細企業は、単価の心配よりもとにかく仕事を請ける事に情熱を燃やし、競合の下をくぐる単価の提示で仕事を獲得していきます。

そして、今回の事件・・・

ドライバーが見つからず、泣きついてきた…

私の所属する会社との価格競争で複数のコースを獲得し、意気揚々と4月からスタートをしたが、5月に入り、数名のドライバーが待遇の不満を口にして契約を解除してきたらしい…。

正直、単価を耳にした時に「これじゃあ、俺はやらないな・・・」という酷い低単価の条件でびっくりした程です。

200キロ近く走るコースで、日収が12,000円、10時から19時の9時間の条件です。

はっきり言って、19時から次の仕事を組み合すって非常に困難です。

ですから、日収12,000円が限度って話になりますから、月収に不満を持つものも無理はありません。

恐らく、20000円近い条件提示でないと、誰もやり手はいないでしょうね。

200キロってガソリン代だけでも、2000円はかかるでしょうし、手取り10000円って話でしょ?

ということで、イケイケの会社は、ドライバーを確保出来ずに、先方に迷惑をかける事となり、私の所属する会社も条件が合わないということでお断りしたとの事なのです・・・。

ドライバー不足と言われていますから、割と普通に仕事は見つかりますからね、無理して低単価の悪条件に手を出すまでもないでしょう・・・。

そんな話でした。

ではでは、今日はこの辺にして、夜のコースを走ってまいります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする