4月から始まった新案件は、みんな初めての企画でてんやわんやのスタートに…

Pocket

みなさま、おはようございます。

お伝えしていました通り、4月になってからの更新が滞っておりました。
4月から新しく請けた案件が始まりまして、コース決めや覚える事に労力をとられまして、てんやわんやの日々をおくっておりました。

今回は、所属会社も初めての案件、先方の企業様も初の試みということで、ドライバーへ丸投げ状態で仮スタートした未完成案件だったのです。

しかも、所属会社も本社契約、先方も本社指示ということで、サラリーマン経験の方ならお察しの通り、どちらも本社経由の押し付け仕事だったりします、つまり【やったふり】をして当たり障りなく済ませてしまいたい仕事だったりします。

例えば、先方の顧客であれば、うるさく注文してくるクレームの多い顧客はコースへ組みこまない、所属会社であれば、ドライバーの人選に気を付けて、あまりうるさく文句を言うドライバーを選ばない、配達先もあまり増やさない、といった事。

つまり、失敗してもダメージが少ない選択をとるということ…

所属会社の営業マンもはっきりと「本社案件で面倒なんですよ。色々と問題おこすとうるさいですし。」と言いますし、先方の営業マンも配達先の顧客前で「本社から実験的にやるようにと言われましてね…ハハハっ」なんて説明してますからね。

そんな状況に置かれた私は…

マジでやる気あんのかぁ!!!!!!

って内心思っている訳なんです(笑)

まあ、いいです、こんな環境の案件ですから別にボツになっても(笑) 

成功したら、別の支店様にも波及させるらしいし、ドライバーとしての信用も上がるって事ですからね。

文句を言わず黙々とやるであろうと私を選んだわけですから…表だって文句は言えませんし。(本当は言いたい)

本社案件の煩わしさ・・・私もサラリーマンが長かったし理解できますよ。

ですから、やんわりと伝えるしかありません…

普段の仕事にプラスされる煩わしさ、適当すぎると怒られますし、腫物を触る感じ…ですからね、仕方ありません。

サラリーマンって本当に大変だよな~って思いますね。

まあ、こうやってサラリーマンとサラリーマンの間に挟まれる個人事業主もどうかと思いますが、まだ静観できるだけマシなんでしょうね。

っということで近々のご報告でした。

次の記事でこの1週間に感じた事などをお伝えできればと考えております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする