ジワジワとコソコソ上がっている年金負担額と健康保険料に驚愕!明日から国民健康保険も値上げとなります。

Pocket

みなさま、おはようございます。

今日は3月31日、年度末となりました。
この2年間は、案件に変化なく、年度末を実感する事がなかったのですが、今年は何となく年度末を実感しています。
4月2日から全く新しい案件がスタートし、生活にも変化が現れそうで久々に緊張感ある年度末を迎えています。

さて、先日、健康保険について資料が届きまして、少し気になった事を書いておきたいと思います。
まず、下記画像をご覧になって頂きたいのですが、昇給(収入の伸び)に対する健康保険(医療費)の伸びのグラフになるのですが、収入の伸びが0.01に対して保険料は0.38も伸びてしまっており問題が深刻化しているようです。

このままでは、保険料を上げなければならないという現象が起きています。

つまり…

年収が増えても手取り額は下がる可能性すらあるという事です…。

次に話題に事欠かない【年金】についてですが、これも下記表をご覧ください。

平成16年10月では13.93%であったのに、年々増加していき平成29年9月には18.3%にも上昇しているのです。厚生年金は、勤めている会社が半分を負担しているので、実質の手取りについての影響は9%程でしょうけれど、大きな金額になります。

なによりも平成16年度からジワジワと上昇を続けていたという事です。

みなさん、知っていました?

消費税率の引き上げは、ニュースや新聞などで散々と騒ぐので興味あるし、自然に耳に入ってくると思いますが、こういった年金や健康保険の料率がコソコソと値上げしていたというのは、知らないのではないでしょうか?

もちろん、知っていたという人も多いと思います。うちの妻なんぞ、こういった数字に疎く興味を持っていないし、ママ友ともこういった話をしないと言うので恐らく主婦レベルでもあまり知られていない可能性があります。

国民健康保険も明日から値上げという事実を知っていますか?


この4月から個人事業主の人が加入している【国民健康保険】の仕組みにも変化が現れます。あるニュースでは、平均35%程度の値上げになるのではないか?と伝えておりました。
【国民健康保険 2018年4月 値上げ】でぜひググってみてください、あなたの住む市町村のホームページが出て来ますから。

下記は横浜市の資料になります。

こういった公的な支出が増加している為に、ニュースで好景気と騒がれても、景気の良さを実感できていないと思うのです。

そりゃ~、いくらベースアップしようが、年収が上がろうが、手取り額に影響する公的な支出が増加していれば、実質の収入は増えていないのですから当然と言えば当然です。

テレビのニュースとかラジオでも、こういった値上げについての報道が少なくいのは何故なのでしょうか?

消費税の引き上げについては、国民の信を問うとか言うのに、保険料の値上げは、知らず知らずのうちにコソコソとしかも確実に上げてきています。貧乏人には、ため息の出る話ばかりです。

保険料値上げについても、解散総選挙でもやって国民の信を問うて頂きたいものであります(笑)
おれの安い弁当でも見やがれ!ってんだ(笑)

っということで、今朝はこの辺で。
来週から更新頻度がかなり下がると思いますので、どうかご了承ください。

お役に立てる生の情報をこれからも発信していきたいと思っております。

いつも応援していただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする