【人の上に立つ仕事がしたいって】ってどういうビジネスなのか?一人でやる仕事の方がいいぞ!

Pocket

みなさん、こんにちは。

この数日、花粉症に悩まされております、薬を飲んでもくしゃみが止まらず、目のかゆみが尋常ではありません。
今年は花粉飛散量が凄く多いとニュースで言っておりましたが、まさにその通り、例年よりも症状が醜いです。

みなさんも花粉症デビューしないように気を付けて頂けたらと思います。

さてさて、私が軽配送に身を置くようになって7年が経とうとしています。7年間には、大手下請け宅配、スポット便、ネットスーパー、●スクル、行政書類メール便、2トン車定期便、医薬系定期便と軽貨物運送と呼ばれる仕事は色々とやってきました。

思えば「色々な案件をやってきたな~」と感慨深くなります。そして、現場現場で色々な人やドライバーとも関わってきました。
ワガママし放題のドライバー、パワハラ担当者、ズルい人、怠けるドライバー、まあ個性豊かなドライバーが多かった印象です。

そんな中で最近、会話した複数のドライバーの口から出た言葉に疑問を持ちましたので、今日はその話をしてみたいと思います。

【人の上に立つ仕事がしたい】と公言するドライバー


【人の上に立つ仕事がしたい】ってどんな職種?どんなビジネス?

個人事業主となり、次の目標となるのが会社運営、法人化というモノでしょうか… まあ社長になりたいという夢でしょうかね。

たしかに軽貨物の仕事をしていても法人化をしたいという声は、時折聞こえてきます。

今やっている現状の路線から規模を拡大し法人化するという理屈は私にも理解する事が出来ます。
賛否両論ありますが、その目標は素晴らしい事と私は思います。

しかし、そうじゃない人もいるから理解に苦しみます。

【人の上に立って仕事をしたい】という発言から始まったのですが、【人の上に立つ仕事】という仕事ってなに?と単純に思ってしまうのです。

職種で言えば【管理職】【社長】といった事は理解できます。

でも、それって職業?と思うのです。

・・・・説明が難しいですが、【人の上に立つ仕事】という仕事名はないですよね?ってことです…。

会話の中で「軽貨物の法人化ということ?もしくは自ら顧客を探してドライバーを増やしていく事?」と聞いてみると「いや、この仕事でなくて、なにか別の仕事で…」という返答。

おいおい、何をどうビジネスにしていくか決めてないんかい!

ということです、ただ【人の上に立ちたい】というだけなんですね。

なにか具体的なビジネスや商売があるわけではないようなのです。

逆に・・・

「え?人の上に立ちたいとか考えませんか?」と私に聞いてくる始末。

そんなエゴは持ち合わせていない・・・。

人を雇うという事の難しさを経験しないと解らない


私は、サラリーマン時代に管理職となり、100人以上の部下がいた事もありました、自営でやった飲食店では10名以上のパートさんやアルバイトさんを雇った経験があります。

私の経験なんかより、読者さまの多くの中高年の方々は、それなりに上役に就いた事があると思いますから、解ってもらえると思いますが、人を上手く動かす事や平和な人間関係を構築していく事って非常に難しく神経をすり減らす事だと思いませんか?いかがですか?

癖のある人、我がままな人、真面目だけど無口な人、自己表現が下手の人といった色々な性格の人が集まって仕事を行う訳ですからね~、みんなを平穏にする為に時間を割いたり、自ら犠牲になる事って日常茶飯事ですよね?

まあ、毎日色々な事が起きるわけですから…

私は、あんな心の疲れる事なんて、今さらやりたくもないし、人の上に立ちたいと思ったりもしませんけどね…。

そんな話はまあ、さておき、その人たちは、なぜ人の上に立ちたいのか?という点が引っかかります。

心の根底に【人を指図して威張りたい】という性格があるから、そういった発想になるのではないでしょうか?

違いますかね?

一般的な流れとしては、【仕事が順調となり一人では手が回らない】⇒【誰か1人だけ手伝ってもらえる人を探す】⇒【さらに順調に拡大し人が足りない】⇒【もう1人を増やす】⇒【年収1000万円になったので法人化を考える】⇒【いつの間にか社長となっていた】といった感じ?だと思うのですが・・・

っで・・

この【仕事】を何にするか決まっていないと言うのです、でも【なにか人を動かす仕事】は決まっているのです。
なにか矛盾していると思いませんか?

だいたいこういった発言をする人って共通して言える事は、【何をどうビジネスとしてやっていくか】決まっていませんよね。

一人でやっていける自営業がリスク低い


ようやく、ここまで来ました… 

何が言いたいかって、独立や脱サラを考える時に【一人でやれる仕事】から入る方がいいのではないか?という事を伝えたかったのです(笑)

内装業や建築関係の職人でもいいでしょうしょ、プログラマーなんかも一人の仕事ですよね。

逆に飲食業や小売り、店舗で運営となると一人でやるには厳しいですよね、パートさんやアルバイトさんを雇わなければなりませんから一人でやる仕事ではありませんよね?

飲食店がダメとかコンビニがダメって言っている訳ではないですから勘違いしないでくださいね、あくまで自分の考えですかね。

人を雇って給与を払ったり、管理したりするビジネスよりも失敗時のリスクが低いですよ?って言いたいだけなのです。
【人の上に立つ仕事】よりも【人を雇わない仕事】の方がいいよって思うのです。

世の中には、こんな数値も出ています…

起業後1年以内に潰れる確率30%

政府系の数値を見れば一目稜線ですが、起業して1年以内に立ち行かなる人や会社が50%という事なんです。10人起業して5人は一年以内に辞めるといってもいいかもしれません。

起業後の経過年数と廃業率

1年後:50%
3年後:30%
5年後:15%
10年後:5%
20年後:0.3%
30年後:0.02%

この数字だけ見れば、5年で95%が辞めているって事になります。

数字上は、起業後10年も持たないってことを頭に入れなければなりません。

あくまで統計ですから、規模を拡大し順調に成長させている才能ある人も大勢いらっしゃると思います。しかし私のような才能のない人間が無理をすると失敗するという事も暗示されていると感じるのです。

こういった数字を見るだけでも、人を無責任に雇ってはいけないと言えるのではないでしょうか?

軽運送をはじめて7年がたとうとしています


軽配送という仕事は、自営業で独り仕事です。基本的に人を雇ったり、人を使ったりする仕事ではありません。
中には、自ら仲間を集めて人に仕事を回したり、法人化させる人もいらっしゃいますが、基本は一人仕事です。

私の場合は、所属会社に登録して、そこから仕事を回してもらい、営業せずに売り上げを立てる事が出来ます。指示に従い一人で稼働して一人で完了させて一日を終えます。そんな事を丸6年続けて今にいたりますが、上記の統計数字を見ると残り5%の中に入っているということになりますから、生き残っているといってもいいのではないでしょうか? (笑)

なにも私が特殊という訳ではありませんよ、割に軽配送ドライバーの人たちは5年以上続ける人が多いですし、20年選手や30年選手もチラホラ見かける事もあります。
あっ… 中には1週間で辞めちゃう人もいますし、半年で辞める人も確かにいましたよ。でも大方の人は数年は続けている感じですから、大方の人は長く続けられる仕事だと思っていると思うのです。

まあ、それだけリスクも少ないし、経営センスも必要ないって事だと思うのです。

大儲けは出来ませんが、借金作る仕事でもないということだと思うのですが、どうでしょうか?

リスクという点だけを鑑みると軽配送って割といい仕事だと思うのです…。

中高年の資金不足の人は、軽配送から入ってみたらいかがでしょうか?価値観が変わるかもしれませんよ?
【人の上に立ちたい】と思っていた現実から【人を使わない仕事】への心の変化も生まれるかもしれませんからね。

っということで長くなってしまいました、ゴメンナサイ。今日はこのくらいにしておきます。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。懲りずにまた来てくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする